忍者ブログ
着物を実用的に! ”簡単に着られる着物の研究”の進行形 身近な和裁に関する問題の、解決への糸口
2017/10/21 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

《スポンサー》
2009/04/15 (Wed)
525c4db9.jpeg
久々に”め” をつくりました。下手な写真でよくわからないと思いますが、私なりの作り方を説明します。
①黒のちりめんに 適当な大きさの まる(¥100均にて購入) のシールを貼る。2~3枚重ねると厚みがでます。糊しろ2~3mmにして布を切る。
②ボンドを薄くぬり、目打ちと指先(③)をつかって糊代を折りながら貼る。
④白のちりめんに黒目より大きめのシールを貼り黒目と同じように作る
仕上げ 黒目の位置を決めてボンドで貼る
写真⑤は、¥100均で購入の金属性のカードケースです。使用済のバスカードが入っています。カードを使うとボンドが乾いた時、きれいにはがして再利用できます。生徒さん用に何枚か入れています。ふと、このケース自身にボンドを置いてもOK.ということに気づきました(^^ゞ  ちょっと休憩の時“蓋”ができるので、とても重宝しています。
下の写真はすずえ特製の”め”です。昨年の10月に参加した ランドマークにての”横浜・湘南つくり人のマーケット”で、”I LOVE YOU”のテーマの作品をという提案がありましたので、金魚の目 をハートにしてみました。IMGP3582.JPGハートはネイルアート用のものです。やはり¥100均でみつけました 。
瞳が中央にあるものは、”犬張子”の目に使っています。毎年”干支”を大きく作っていますが、この大きな目は戌年の時に使用しました。
(写真の丑はついでに作ったもの約1cmx2cm大)


66a42d1c.jpegいつも同じ目ばかりでも何ですので、出目金も作ってみました。黒のちりめんを丸く縫い、綿を入れて絞ったものを台にして、その上に白目と黒目を貼っています。

実は、息子がときどき金魚の目を作ってくれます。とても上手(親ばか(^^) ?)
冗談言ったりぐちったり、あっという間の1~2時間ですが、とても楽しいひとときです。
(・・・息子に内緒・・・)
 

拍手

PR
《スポンサー》
この記事にコメントする
           
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カウンター
ブログ内検索
メール
プロフィール
HN:
す~
性別:
女性
職業:
和裁塾 講師
自己紹介:
日本和裁士会 1級
写真は、とおい昔、20才の私。こんな頃もあった・・・・
自宅にて《趣味の和裁塾》を運営中。
寸法等、自分で直して自分で着たいという 着物好きな方の応援・お手伝いが主。
私自身は、つっ丈の着物を 普通に着付けたと見えるように仕立てる工夫・研究をしています。

とにかく、着物を着てお出かけしたいので、”簡単に着付け”を目標に日夜努力している次第です・・・・
最新コメント
[06/04 チャッペ]
[12/20 岡田雅之]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アクセス解析
Copyright ©  -- 着物 和裁 らくらく着付け 《すずえ発》 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]