忍者ブログ
着物を実用的に! ”簡単に着られる着物の研究”の進行形 身近な和裁に関する問題の、解決への糸口
2017/06/27 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

《スポンサー》
2009/03/09 (Mon)
1-1.JPG①裁断をする
・図①のように外表に置き断ち切る。断ち切りをそろえることが肝心です。
 (方袖分づつ)





1-2.JPG②表布に印を付ける ・袖丈の印は、着物の袖丈-1分(約4mm) ⇒仕上がりは-2分(約8ミリ)
・巾は、着物と同寸⇒仕上がりは-2分(約8ミリ)



71c063c7.jpeg③縫い
・表布と裏布を中表に重ねて、袖口をなみ縫いする。
・振り側は裏布が2分(約8ミリ)余るようにマチ針して表布についている印どおりになみ縫いする。(返し口は縫わない)
・表布側に1分(約4ミリ)のきせ(折り)をかける

75a47ab1.jpeg④表へ返す
・図④のように裏布を5厘(約2ミリ)ひかえてアイロン

 

 

8c1226d5.jpeg・図⑤のイに手を入れて裏返す

 

 



6213b00b.jpeg・4枚一緒に丈の印を縫う
(図は便宜上、下の断ち切りが揃っていないが、縫う時はきちんと揃える)
・表布側へ、1分(約4ミリ)のきせ(折り)をかける
・返し口より表へ返す


a620e518.jpeg
返し口をくけて出来上がり




 


ふぅ---っ!
やっと描いてみました、お話はあとで



拍手

PR
《スポンサー》
この記事にコメントする
           
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カウンター
ブログ内検索
メール
プロフィール
HN:
す~
性別:
女性
職業:
和裁塾 講師
自己紹介:
日本和裁士会 1級
写真は、とおい昔、20才の私。こんな頃もあった・・・・
自宅にて《趣味の和裁塾》を運営中。
寸法等、自分で直して自分で着たいという 着物好きな方の応援・お手伝いが主。
私自身は、つっ丈の着物を 普通に着付けたと見えるように仕立てる工夫・研究をしています。

とにかく、着物を着てお出かけしたいので、”簡単に着付け”を目標に日夜努力している次第です・・・・
最新コメント
[06/04 チャッペ]
[12/20 岡田雅之]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
アクセス解析
Copyright ©  -- 着物 和裁 らくらく着付け 《すずえ発》 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]